ホーム > パルシステムの放射能対策

安心できる「食と農」を取り戻すために
パルシステムの
放射能対策

パルシステムはこれまで、組合員の願いである「食の安全」を優先すべく、生産者とともに歩んできました。東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能 汚染を受け、その思いをさらに強くしています。私たちは今、とくに影響を受けやすい成長期の子どもたちが「安心して口にできる食」を取り戻さなければなりません。自主基準を設定し、自主検査をさらに拡大させ、農地の放射能対策にも全力で取り組んでいきます。

独自ガイドライン(自主基準)を設定しています。

乳幼児用食品と米、牛乳などは10ベクレル/kg以下に。

放射線の影響を最も受けやすいのが、乳幼児と妊婦です。パルシステムでは乳幼児用食品の指標は10ベクレル/kg以下としています。この指標は赤ちゃんのいる 家庭向けに発行しているオプションカタログ「yumyum For Baby&kids」およびインターネットに掲載されている“赤ちゃんOK商品”に適用されます。また、毎日の食事でたくさん食べる食品である、米、牛乳、乳製品、飲料についても、10ベクレル/kg以下としています。

青果(しいたけを除く)・肉類・卵・魚介類・その他食品は政府の基準の1/4に引き下げ。

パルシステムの自主基準
(独自ガイドライン)と検出限界について

パルシステムでは食品の残留放射能について自主基準(独自ガイドライン)を設定しています。放射線にはこれ以下なら安全という「しきい値」がないので、基準以下であっても、放射能低減を追求します。検査の結果、自主基準を超えるものについては供給いたしません。また、自主基準(独自ガイドライン)は継続的に見直しを行います。

自主基準(独自ガイドライン)(セシウム134,137の合計)
2014年10月より現行基準(単位Bq/kg)
水、飲料茶、牛乳、乳幼児用食品 10
飲料、乳製品、米
青果類(きのこ類除く)、肉類、卵、魚介類、その他食品、きのこ類(しいたけ除く) 25
しいたけ 100
国の規格基準
水、飲料茶 10
乳児用食品、牛乳 50
一般食品 100

※乾燥食品は生原料や摂食状態で検査します。

※乳幼児用食品は「yumyum」掲載商品とインターネットの「赤ちゃん・キッズOK食材」掲載商品。

ページトップに戻る

自主検査体制を強化しています。

パルシステム商品検査センターに専門機関と同等の測定器を導入し、年間3,000体を超える検査を行っています。

精密な測定ができるゲルマニウム半導体検出器を2台、商品検査センター(東京都稲城市)に導入し検査数、品目を大幅に拡大しています。検査結果は、ホームページで公表しています。

自主検査結果はこちら

ゲルマニウム半導体検出器による精密検査の手順

  • ① 検体の準備

    決められた測定容器に検体を細かくして詰めます。野菜や魚は国の検査基準にしたがい、家庭で調理するのと同じように、洗って可食部を検査します。

  • ② 測定

    外部の放射線の影響を受けないよう、厚い鉛製の箱によって遮蔽された検出器に測定容器をセットして、測定をスタートします。

  • ③ 結果の解析

    検体から出るガンマ線が計測され、そのエネルギー(波長)が解析されて、測定結果が出されます。

おトクなキャンペーン実施中 手数料(送料)やエリアのチェックもこちらから!

webからご加入なら3,00円分のクーポンプレゼント!
お問い合わせ
お電話でも加入・資料請求ができます。0120-53-4400
月~金 9:00~20:00 祝日18:00まで